ガスふろ給湯器は、一台で給湯器ふろがまの機能を持ったタイプです。

キッチン・洗面・シャワーを使いながらおふろのお湯はり・おいだきもできます。

 

  エコジョーズのガスふろ給湯器は「ユコアGTシリーズ」と、「ユコアGRQシリーズ」です。

設置場所別、ノーリツがオススメする機種

戸建住宅・マンション(排水可能)

戸建住宅・マンション(排水可能)

新築 GT-C
GT-Cスリム
リフォーム(取替) GRQ-C

マンション(パイプシャフト・ベランダ)

新築 ドレンアップ方式
GT-CP
GT-CPスリム
リフォーム(取替) 三方弁方式
GT-CV
GT-CVスリム

エコジョーズってなんだろう!?

「エコジョーズ」とは、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネ性の高い給湯器です。

新時代にスタンダードな給湯器の「エコジョーズ」タイプ。
環境に優しい・家計にうれしいエコジョーズとは、なんだろう!?をテーマにエコジョーズについて見ていきます。

高効率

給湯もふろも省エネ!これまで捨てていた排熱を使ってお湯をつくります。

ノーリツの給湯器は「給湯」も「追いだき」も高効率。ガスのエネルギーのほとんどをお湯に変える高い技術です。

ノーリツの給湯器は、給湯と追いだき時も高効率

節約

お湯の使い方は今まで通り、でも、ガス代もCO2も減らせるんです。

年間ランニングコストの比較で従来タイプよりガス代年間約32,400円おトク!

エコスイッチでさらにエコ!
新エコスイッチONでエコ運転するとガス料金、水道料金合計で約23,700円おトク!

お湯の使い方は今まで通り、でも、ガス代もCO2も減らせるんです。

環境性

従来型と比べCO2排出量約16%削減

地球温暖化の一因となるCO2排出量を従来と比べ杉の木20本分が一年に吸収するCO2と同じ量を削減します。

給湯器は省電力!待機時消費電力:1.2W、消費電力:30W

年間CO2を約16%削減!それは、杉の木20本分が一年に吸収するCO2と同じ量です。

どうして効率よくお湯が沸かせるの!?

その理由は、いままでの給湯器とは違い、排気熱を上手に活用しているからです。

エコジョーズでは、今まで使われずに捨てられていた排気熱を有効に利用して、あらかじめ水を温めます。そのため従来よりも少ないガス消費量で、効率よくお湯が沸かせるのです。

ノーリツの給湯器は、給湯と追いだき時も高効率

どのくらい家計にやさしくなるのだろうか!?

年間で23,700円おトクになります!

高効率でお湯を沸かせると、ガス消費量が少なくなり、その分のガス料金も安くなります!

本体価格だけでなく、ランニングコストも比較して給湯器を選びましょう。

ランニングコスト&トータルコストで考えてもやっぱりエコジョーズがおトク!

お湯の使い方は今まで通り、でも、ガス代もCO2も減らせるんです。

ランニングコストの計算について

(お客さまの給湯・ふろの使用量、燃料単価、施工条件などにより料金は変化するため、実使用とは異なります。)

試算データの燃料単価は、LPガス:4.9円 ⁄ MJでの算出です。(LPガス料金はいずれも全国平均)

ランニングコストは消費税相当額加算前の金額で算出されています。

給湯1年当りのガス料金の算出方法

給湯使用条件(4人家族想定、入水温度は通年で15℃)

ふろお湯はり:200L×(42℃-15℃)

シャワー  :12L ⁄ 分×5分 ⁄ 人×4人=240L×(40℃-15℃)

洗面    :6L ⁄ 分×2分 ⁄ 人×4人=48L×(40℃-15℃)

台所    :8L ⁄ 分×3分 ⁄ 回×3回=72L×(37℃-15℃)給湯熱量  :14,184kcal ⁄ 日×365日 ⁄ 年=5.18Gcal ⁄ 年追いだき使用条件保温運転にて約4時間 ⁄ 日(2,670kcal ⁄ 日)追いだき日数:300日 ⁄ 年ふろ熱量2,670kcal ⁄ 日×300日 ⁄ 年0.80Gcal ⁄ 年